• 出雲大神宮
  • 当宮について
  • 参拝・御祈祷
  • 日本一の縁結び
  • 祭事について
  • 授与品
  • 交通アクセス

祈年祭 -きねんさい-

令和3年2月17日(水)午前10時より<御本殿にて>

立春を過ぎ、雨水間近の2月17日は、春の耕作始めにあたり五穀豊穣を祈願する祭典で「としごいのまつり」とも呼ばれている祈年祭が宮中や全国の神社でご斎行されます。
「とし」は稲、「こい」は祈りや願いの事です。お米を始めとする五穀の豊かな稔り、作物の豊作を出雲大神様へ祈ります。
祈年祭が豊作祈願の祭典であることに対し、新嘗祭は収穫に感謝する祭典になります。祈年祭・新嘗祭ともに大祭にあたります。

ご参列されます方は、当日の午前9時半までに社務所にて受付をお済ませ下さい。

[新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力下さい]
・境内では感染拡大防止にご配慮下さい
・マスク着用の上、手洗い・手指消毒にご協力下さい
・当日発熱等症状が生じた際はご参拝を取り止め、ご自宅よりご遥拝下さい
・今後の感染状況や社会情勢等により、参拝の有無を変更する場合があります

詳しくは社務所までお問い合わせ下さい