• 出雲大神宮
  • 当宮について
  • 参拝・御祈祷
  • 日本一の縁結び
  • 祭事について
  • 授与品
  • 交通アクセス

平成30年2月3日 節分祭

ご参列頂ける方は午前10時頃までに社務所にて受付をお済ませ下さい。

節分は季節の節目の事を指し、立春前の節分は邪気が流行り疫病が蔓延すると言い伝えられ、節分祭は邪気や疫病を祓う祈願とされてきました。

神事中に拝殿にて「豆撒き神事」が執り行われますが、豆には「魔を滅する」と言われ邪気や厄を祓うと言われております。御本殿で御祈祷済みの福豆をご参列者に授与いたします。

 

平成30年2月3日(土) 午前10時30分より〈御本殿・拝殿にて〉

【10時30分~】 節分祭祭典 (本殿にて)

− 祭典終了後 −

【11時頃~】1回目 豆まき神事 (拝殿にて)

− 豆まき後 −

【11時30分頃~】 祈祷木焚上式
(正面 千年宮大鳥居横の駐車場にて)

【13時頃~】 2回目 豆まき (拝殿にて)

 

※10時~ 太鼓尺八奉納 (拝殿にて)
※1回目豆まき後~ 厄除け ぜんざい、恵方巻 授与 (休憩所)
※豆まき神事に 京都フローラ選手3名が参加予定

※年男・年女(戌年生)の方は豆まき神事にご参加いただけます。
 初穂料3千円 当日10時までに社務所にて受付けをお済ませ下さい。

 

 


戌年生まれの年男・年女の豆まき奉仕募集中です。
詳しくは社務所まで。

節分祭祭典後は、正面表参道において当宮古来の心願成就の神事「祈祷木焚上式」が執り行われます。全国のご崇敬者様よりお預かりした護摩木を、宮司が祝詞を奏上の間、神職の手によって火炉にくべられ、お焚き上げされます。

皆様で御参拝頂ますよう、心よりお待ちしております。

 

詳しくは当宮までお問い合わせ下さい。
出雲大神宮社務所

 

 

 

豆まき神事
節分は四季の節目の事を指し、特に立春の前日の節分はとても重要とされます。
季節の節目には邪気(鬼)が発生すると言われており、邪気や一年の厄災を祓い病疫を除き、幸福を招き入れる祈りを込めた行事です。

 

祈祷木焚上式
祈祷木焚上式は古来より続く祈願成就の神事です。
祝詞奏上の中、神職が皆様からお預かりした護摩木を火炉にくべてご祈願をします。