• 出雲大神宮
  • 当宮について
  • 参拝・御祈祷
  • 日本一の縁結び
  • 祭事について
  • 授与品
  • 交通アクセス

4/3「御本殿拝殿防災設備設置」竣功奉納奉告祭

令和3年4月3日(土)

午前11時 御本殿にて「竣功奉納奉告祭」ご斎行、境内にて「テープカット並びに放水式」

令和の境内整備事業として、令和2年4月から令和3年3月までの期間に「御本殿防災設備設置」工事を執り行いました。近年、特に重要文化財において火災や災害等が多く見られることとなり、当宮におきましても大至急施工されるべき課題でありました。当宮御本殿は和銅2年(709)に創建され、現在の御社殿は鎌倉時代末期に足利尊氏公によって修造されたものと伝わり、「三間社流造平入・檜皮葺」で旧国宝・現重要文化財に指定されております。拝殿は「入母屋造妻入・檜皮葺」舞殿形式の建造物で、明治18年(1885)官費にて造営されたものと伝わります。又、令和2年7月17日付で国の文化審議会より御本殿中門及び祝詞舎や拝殿など境内12箇所の建造物において「国登録有形文化財」に認定されました。平成21年より11年の時を経て歴史的建造物の保護保全の為、この度竣功する事と相成りました。

当日ご参列される方は、午前10時半までに社務所にて受付をお済ませ下さい。

※ご参列の際は必ずマスク着用の上、手洗い手指消毒にご協力下さい。
※当日発熱等の症状が生じた際はご参拝を取りやめ、ご自宅よりご遥拝下さい。
※境内感染症対策にご配慮頂き、今後の社会情勢等によっては参拝の有無を変更する場合があります。

詳しくは社務所までお問い合わせ下さい。